マツエクの毛質にはどんな種類がある? 特徴を分かりやすく解説

こんにちは! for lovely life編集局です。

ネイルやマツエク、コスメに関する情報や美容に関する情報などを気ままに綴っています♪

今回は、マツエクについて!

まつげエクステをやってもらおうと思った時に、気になるのが本数やデザインですが、その他にも”毛質”によっても料金などが変わりますので、どの毛質を選べばいいのかよく分からなかったりしますよね。

今回はそんな”マツエクの毛質”の種類や特徴について解説してみたいと思います。

マツエクサロンでも説明してもらえますが、サロンによっては取り扱いの毛質に限りがある場合もありますので、だいたいの種類や特徴などを知っておくとメニュー選びもしやすくなると思いますよ^^

よければ参考にされてみてください。

スポンサーリンク

マツエクの毛質にはどんな種類がある?

一般的には、マツエクの毛質には3つの種類があります。それぞれ”シルク”・”ミンク”・”セーブル”と呼ばれるものです。

細かく分類すると、その製品そのもの(マツエクに使用するエクステ)をつくるメーカーによっても認識や呼び名が違ったりもするのですが、大まかにはこの3種類です。

また、利用するサロンにもよりますが、毛質によって施術料金が異なる場合もあります。

取り扱いメーカーの質にもよりますので一概には言えませんが、一般的には一番安価なのが”シルク”です。

”セーブル”が一番高価と言われており、”セーブル毛のみを使用”を謳っている高級志向のサロンなどもあります。

セーブル=高品質・高級であるというイメージがあるのですが、これがまた取り扱うメーカーの製品の質にもよりますので、一概にそう言いきれないところが何とも見極めが難しいところですね・・・^^;

それでは、それぞれの毛質の具体的な特徴をチェックしてみましょう。

シルク

やや硬めの毛質の”シルク”。硬さがあるのでゴワゴワ感を感じる方もいらっしゃいます。

シルクのメリットは、硬さがある分カールの持続力があるところですので、ぱっちりとした上向きカールのデザインに向いています。

ツヤのある質感と太さが特徴なのでパッチリとしたちょっと派手めなお人形さんのようなデザイン向き♡

スポンサーリンク

ナチュラルな仕上がり、違和感の無い仕上がりにしたい方にはやや不向きの毛質です。また、3つの毛質の中で一番持ちが悪いと言われている点もデメリットの一つ。

ですが、全ての毛質の中でも一番お安い設定にされている事が多いですので、その辺りは魅力ですね。

ミンク

シルクよりも柔らかく自まつ毛に馴染みやすいのが”ミンク”の特徴です。ナチュラルな仕上がりを希望する方はシルクよりもミンクの方がおすすめです。

シルクよりも持ちも良い反面、カールの持続力があまり無いのがデメリットでもあります。

セーブルよりもコストを抑えつつ、自然で軽さのあるナチュラルなマツエクにしたい方はミンクを選んでみてくださいね。

セーブル

柔らかい毛質と付け心地の軽さから、マツエクの毛質の中でも最高級と言われているのが”セーブル”です。

自まつ毛にも馴染みやすく自然な仕上がりになります。

現在のマツエクサロンではセーブル毛のみを取り扱いしているサロンもある程人気の毛質です。持ちも良く、仕上がりの美しさも人気のポイント!

”シルク”や”ミンク”に比べるとやや高めの料金にはなりますが、最も人気のある毛質であると言えます。


それぞれの毛質の特徴をご紹介しました。

持ちやつけ心地の軽さ、自まつ毛に馴染む自然な仕上がりとして一番人気なのはやはり”セーブル”かなと思います^^

セーブル毛を使用した場合の施術料金は、他の毛質に比べるとややお高めに設定されているサロンが多いですが、セーブル毛だけを使用しているサロンなどもあります。

マツエクのデザインは、本数や太さ、カールなどによっても変わりますが、”毛質”によっても印象が変わります。

また、付け心地や持ちも違ってきますので、是非自分好みの”毛質”をみつけてみてください。

まとめ

マツエクの毛質の種類や特徴について解説してみました。

マツエクの毛質には一般的には、”シルク”、”ミンク”、”セーブル”の3種類があります。

それぞれ付け心地や、持続性、軽さなども異なりますので、マツエクのメニュー選びの際の参考にされてみてください。

良く分からない場合は、担当のアイリストさんに特徴などを確認して相談するのが一番です。なりたいイメージなどを伝えて毛質を選ぶようにしてみてくださいね。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました♡

この記事が参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。