マニキュアとジェルネイルはどちらを選べばいい? メリットとデメリット

こんにちは! for lovely life編集局です。

現役のネイリストがネイルに関する情報や、趣味でもある美容に関する情報などを気ままに綴っています♪

今回は、「ネイルをやってみたいけれどマニキュアにするかジェルネイルにするか、どちらを選べばいいの?」、「どんな違いがあるの?」についてです。

マニキュアとジェルネイルは似ているようですが違う点が沢山あるんですよ。

それぞれのメリットとデメリットについても解説してみたいと思います。

自分でマニキュアを塗っているけれど、ジェルネイルにも興味がある!という方や、はじめてネイルサロンを利用したいと思っている方、マニキュアとジェルネイルの違いが良く分からない・・・という方などは良ければ参考にされてみてくださいね^^

スポンサーリンク

マニキュアとジェルネイルはどちらを選べばいい?

マニキュアとジェルネイルは、どちらも爪に色を塗ったりアートを入れたりするものですので、似ていると言えば似ているのですが、、違う点も沢山あります。

それでは早速、それぞれの違いをご紹介していきます。

大きく違うのが”持ち”の期間

マニキュアは塗って数日経過すると爪先から色が剥がれてきますが、ジェルネイルはマニキュアよりも持ちが良く、通常ですと3週間くらいはキレイに付いたままの状態になります。

ジェルネイルは乾かす時間がない

マニキュアは塗った後、しっかりと乾くまでに結構時間がかかりますよね。もう乾いたかな?と思っていても気づけばヨレてしまったり、マニキュアを塗った後は何も出来なかったりするのがちょっと不便でもあります。

ジェルネイルは塗った後に、専用のライトで光をあてて硬化させますので、乾かす時間がありません。ジェルネイル完成後はすぐに触っても大丈夫ですし、手を洗ってもOKなので、ヨレる心配をする必要がありません。

ジェルネイルは除光液では落ちない

マニキュアは除光液で簡単にサッと落とす事ができます。急いでマニキュアを落とさなければいけない時でもすぐに落とす事ができますので、どんな時でも安心です。

一方ジェルネイルは、除光液では落とす事ができません。ジェルネイルをオフするためには、専用の溶液(アセトン・ソークオフリムーバーと呼ばれるものなど)が必要となりますし、時間もかかります(30分~60分程度はみておきましょう)。

自分で落とす事も出来ますが、専用の溶液や、表面を削るやすりなどの道具も必要となりますので、急いで落とさなければならない場面ではちょっと不便に感じてしまいます。

基本的には、ジェルネイルをオフするにはネイルサロンに行ってから、オフをしてもらいます。

凝ったアートをしたいならジェルネイル

マニキュアでも色を塗ってアートを取り入れたりする事も出来ますが、大きなパーツや凝ったアートには少々不向きです。

凝った色使いやアート、大きなパーツを取り入れたネイルデザインをしたいのなら、ジェルネイルの方が向いています。

施術時間が早く終わるのはマニキュア

アートの内容などにもよりますが、どちらかと言えば施術時間そのものが早く終わるのはマニキュアです。

ジェルネイルの方が施術時間は少々時間がかかります。サロンにもよりますがジェルネイルですと1時間半~2時間程度は所要時間をみておきましょう。

自爪に優しいのはマニキュア

ジェルネイルは、自爪を削らないタイプのものもありますが、多くは下処理の際に自爪の表面を削ります。また、オフの際にも自爪にダメージをまったく与えないというものではありません。

スポンサーリンク

マニキュアもオフする際の除光液で爪の水分を奪ってしまうので、保湿のケアは必ず必要となりますが、どちらかと言うと自爪に優しいのはマニキュアの方です。

マニキュアのメリットとデメリット

マニキュアのメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

マニキュアのメリット

✓ 手軽に楽しめる

✓ 除光液で簡単に落とす事ができる

✓ 自爪を痛ませない

マニキュアのデメリット

✓ 乾くのに時間がかかる

✓ ヨレたりキズが入ったりしやすい

✓ 凝ったアートには不向き

ジェルネイルのメリットとデメリット

ジェルネイルのメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

ジェルネイルのメリット

✓ 持ちが良い

✓ マニキュアには無いツヤとぷっくりとした厚みが出せる

✓ 凝ったアートができる

✓ 大きめのパーツもしっかりとコーティングできる

ジェルネイルのデメリット

✓ オフが簡単にできない

✓ 自爪が痛む

まとめ

それぞれのメリットとデメリットがありますので、自分のなりたいイメージや、希望に合う方を選んでみてくださいね。

すぐに落とさなければいけない場合などはマニキュア、ちょっと長持ちさせたい場合はジェルネイル。

アートにこだわりたい場合はジェルネイルがおすすめですよ。

よければ参考にされてみてくださいね^^

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました♡

この記事が参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。