ヴァントルテリキッドファンデーションの使い方とは?実際に使用したレビュー

肌荒れが気になる季節や、ついうっかりメイクしたまま寝てしまった・・そんな時にも安心して使用できるようなお肌にやさしくて、なるべく負担がかからないようなベースメイクはないかな?

と探している時に発見したのが、「VINTORTE(ヴァントルテ)のミネラルリキッドファンデーション」です♡

石鹸で落とせて、素肌にも負担がかかりにくいナチュラルコスメというところに惹かれました。

メイクしたまま寝てしまう事の多いわたし・・・。

(せめてメイクは落とせよって感じですがw)

こんなわたしには、うっかりメイクしたまま寝てしまっていても罪悪感が少ないようなリキッドファンデが理想です。

そんなヴァントルテのリキッドファンデーションの使い方ですが、私が実際に使用した感想なども踏まえてご紹介してみたいと思いますので

✓ ヴァントルテのリキッドファンデってどうなの?

✓ ヴァントルテのリキッドファンデの使い心地は?

✓ ヴァントルテのリキッドファンデが気になる

という方はよければ参考にされてみてください★

スポンサーリンク

ヴァントルテのリキッドファンデーションとは?

ヴァントルテのミネラルファンデーションシリーズには現在発売されている4種類のタイプのものがあります。

◆粉(ルース)タイプ「ミネラルシルクファンデーション」

◆粉(ルース)タイプでしっかりUVカット「ミネラルUVファンデーション」

◆プレスト(固形)タイプでマットな質感「ミネラルシルクプレストファンデーション」

◆リキッドタイプの「美容液ミネラルリキッドファンデーション」

この4種類の中から、「美容液ミネラルリキッドファンデーション」を選んだワケなのですが、、

以前からリキッドファンデーションやBBクリームを愛用している事が多く、ベースメイクに関しては”ツヤ”を重視したいと考え、この中からツヤと美容成分が80%以上配合されているという「美容液ミネラルリキッドファンデーション」をチョイスしてみました。

これは完全に好みもありますし、仕上がりのイメージもありますよね。

わたしはいろいろと塗り重ねたりするのが好きではなく、シンプルにベースメイクが出来るBBクリームが好きなので、断然ミネラルリキッドファンデーション派です。

ヴァントルテリキッドファンデーションの特徴

ヴァントルテリキッドファンデーションの特徴としては、、、

✔ 石鹸でオフできる

✔ ツヤを重視したい方向き

✔ 美容成分が80%以上配合させている

✔ SPF25 PA++ で日常の紫外線対策もOK

✔ 無添加仕様

などです。公式サイトなどでも詳しく丁寧に説明されているので、初めて購入する方にも分かりやすいと思います。

BBクリームなどは1色展開や2色展開のものなども珍しくありませんが、こちらのヴァントルテのリキッドファンデーションの色味は4色から選べるので、自分のお肌に合ったカラーをチョイスできるのも嬉しいポイントです(^^)

ヴァントルテリキッドファンデーションの使い方

こちらが実際に購入したヴァントルテリキッドファンデーションです。

初めて購入&使用するという事で、お試しミニサイズを購入してみました。

使った事が無いコスメを使用するのにはなかなか勇気がいるものですが、こんな風にお試しミニサイズがあるメーカーさんのコスメはチャレンジしやすいので嬉しいです(^^)

色味の方は、標準タイプで白っぽくならず自然な感じの仕上がりが理想なので#LB(ライトベージュ)をチョイス。

中身はこんな感じ。見た目は普通のリキッドファンデーションと特に変りはないかな?という印象です。

スポンサーリンク

実際に手にとってみると、、、通常のリキッドファンデーションにありがちなこっくりとした感触、、、というよりはちょっとふわふわっとした生クリームのような?感触です。

使い方としては、通常のリキッドファンデーションやBBクリームと同じように使用しています。

洗顔後の化粧水や乳液などで素肌を整えた後、顔の中心から外側に向かって丁寧にムラにならないように伸ばしていきます。パフなどは使用せずに、指先で少しづつ取って丁寧に伸ばしていきます。毛穴が気になる鼻のあたまや眉間、顎などは特にしっかりと重ね付けをしています。

結構しっかり塗っても厚塗りに見えないので◎

私はスポンジなどは使用しませんでした。

それでもムラになりにくく、綺麗に仕上がるので特に問題ないです。

手で塗るのが苦手な方や、ムラになりやすい、という方はベースメイク用のスポンジを使用しても、もちろん大丈夫そうです。

こんな形状のスポンジも主流になってきてますね。

スポンジを使用する事でより密着度や仕上がりの完成度も上がりそうです。

ヴァントルテのリキッドファンデーションを塗った後は、、同じくVINTORTE(ヴァントルテ)のUVパウダーをふんわりと重ねてみました。

パウダーの使用感に関してはこちらに書いています

⇒ヴァントルテミネラルUVパウダーの口コミ・色選びはどうする?

やっぱりリキッドファンデだと結構しっとり感が残るので、わたし的にはお粉を重ねた方が良い感じです。

ツヤっぽい感じにしたい時には、顔全体にお粉を重ねるのではなく、部分的にお粉を重ねても良いかなと思いました!

別に同じブランドで揃えなくても大丈夫かなと思いますが、相性の事などを考えてもわたしの場合は、リキッドファンデとお粉は割と同ブランドで揃える事が多いです。

実際に使用した感想

ヴァントルテリキッドファンデーションは、カバー力に関しては少しもの足りなさを感じますが、独特のにおいなども無く、しっとりとお肌が潤う感触は、リキッドファンデーションを塗っているというより、本当に美容液を塗っている感触です!

仕上がりは本当にナチュラル♡

長時間付けていても、息苦しさを感じないお肌へのつけ心地の良さが魅力だなと感じました☆

カバー力重視の方にはあまりおすすめ出来ないかなって感じです。

ちょっと濃いめのシミなどはカバーしきれません。

ですので、その辺りはコンシーラーを併用すれば問題ないかなと思います。

とにかくお肌が潤う感覚があり、しっとりとした仕上がりになります。

厚ぼったくなりやすいリキッドファンデーションや、お化粧品独特のにおいが苦手な方なども、一度試してみる価値ありではないでしょうか。

ナチュラルなツヤ肌を目指したい方や、お肌への負担が少ないリキッドファンデーションをお探しの方におすすめしたいです。

あと、わたしのようについメイクしたまま寝てしまっている・・・汗。という方にもおすすめです。

VINTORTE(ヴァントルテ)の公式サイト
⇒ヴァントルテ

まとめ

ヴァントルテのリキッドファンデーションの使い方は、基本的には通常のリキッドファンデーションやBBクリームと同じように、顔の中心から外側に向かってムラなく伸ばす感じで大丈夫でした!

ムラになりにくく、厚塗りに見えにくいのでリキッドファンデやBBクリームが苦手な方でも使いやすいのではないかと思います。

毛穴やシミなどをしっかりカバーしたい方は、コンシーラーを併用しても良いかなと思いますが、普段のメイクだったらこのヴァントルテリキッドファンデーション+お粉で十分ではないかと思います♡

こちらの記事もおすすめです

⇒ヴァントルテはどこで買える?初めて購入するならココがおすすめ

最後まで読んでいただきありがとうございました♡

この記事が参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。