【悲痛】ネイリストの私がギックリ腰になってしまった時の対処方法

for lovely lifeです。

現役のネイリストがネイルに関する情報や美容情報を綴っています★

今回は、同じネイリストさん向けに書いてみようと思います^_^

ネイリストという職業柄、体調管理は欠かせないですよね。

ほんと風邪すらひいてられません。お客様の前で咳き込む事も出来ないですし、目の前で体調の悪い姿はみせられないものです、、😭

しかもネイルサロンで働いている方のほとんどは予約制かと思います。

スケジュールが決まってますし、指名があったり、個人サロンの方などは代わりが居ないので、お客様にも迷惑がかかってしまいます、、😭

長時間同じ体勢にもなりますので、肩こりや、腰痛にお悩みのネイリストさんも多いのではないかな、と思います。

わたしも注意はしているつもりなのですが、先日やってしまいました・・。

そうギックリ腰を・・!!

もう本当に悲惨でした。。

そんな体験から、ネイリストという職業柄、仕事をなかなか休めない中でギックリ腰を乗り切った方法や、ネイルの施術中でも出来る腰痛予防策などをまとめてみたいと思います。

ギックリ腰やってしまった・・

腰痛がツライ・・

と私と同じように悩むネイリストさんの参考に少しでもなれば、と思います。

スポンサーリンク

ネイリストのわたしがギックリ腰になったきっかけ

ギックリ腰は些細なきっかけから発症してしまう事が多いものです。

以前は、車から降りる際に変にひねったのか、車の運転席から降りた瞬間にギックリ腰になった事もありました。

今回のギックリ腰は、掃除をしようとほうきで床を掃こうとした、そんな絶妙なタイミングからです・・・。

そんな、たかがほうきで床を掃こうとしたくらいで!?と思われるかもしれませんが、実際に中腰しになった瞬間、「グキッ!」でした。

急に腰に力が入らなくなり、「あーこれはやってしまったな・・・」と思いました。

しかし少し椅子に座って様子を見ていたところ、さほど痛みもなく、まだ普通に歩く事も出来ていましたので、ギックリ腰になってしまったその当日は”まあ大した事ないだろう”くらいに思っていました。

しかし、翌朝、ベッドから起き上がろうとするとまさかの激痛!!

何とか起き上がり、トイレにも壁伝いでよろよろ歩きで行く事は出来ましたが、これは思ったよりも大変な事になってしまったと青ざめました。

痛くて痛くて歩くのもやっとです。

とりあえず出かける準備をしようとしても、洗顔もツライし靴下を履くにも時間がかかります。涙

何とか車に乗り込む事が出来ても、しばらく激痛が落ち着いてから運転をスタート出来るかな、という感じで非常に辛かったです。トホホ。

ギックリ腰になってから

ギックリ腰になってしまっても、やはり気がかりなのは仕事の事。

早く治さなければ、仕事が出来ないし、なかなか休めないのがツライ所です。

ギックリ腰になってしまった事は仕方ない、後は出来るだけ早く日常生活に支障がない程度になるように出来る事からやってみるしかありません。

まずは整骨院へ

朝起きた時に激痛が走ったちょうどその日は、幸い定休日という事もあったので、すぐに整骨院に向かいました。(というか連れて行ってもらいました。)

車の運転も激痛に耐えながら出来ない事もないのですが、長い距離は絶対に無理でした。

私が向かった整骨院は、腰痛の治療でとても有名な治療院。グッとズレた箇所を入れてもらう治療(?)でも言うのでしょうか。行く時はヨロヨロ歩きでも、帰りはそれなりに歩く事が出来るようになるほどです。

前回は、一度治療をしてもらったらすぐに良くなったので、また今回もすぐに良くなるだろう・・・くらいに思っていました。

案の定、治療をしてもらった帰りはまあまあ歩けるようにもなっていたので、外食をして帰宅したほどです。

早く治したいのなら、良い治療院なり整形外科なりを見つけておく事。

これは大事です。イザという時に頼れるところがあると安心です。

お客様の会話の中でも情報を収集したりして、評判の良い治療院や病院を知っておくと良いかなと思います。

思ったより長引いたギックリ腰

しかし、治療院に行ったその日は調子が良かったのですが、翌朝になるとまたまた激痛。

下半身が冷えてしまっていた事も悪化してしまった原因になってしまったのかもしれません。

後からネットなどで調べたところ、ギックリ腰になった箇所は炎症を起こした状態になっているそうなので、本来は、ギックリ腰になったら少なくとも2日~3日は、とにかく安静にしておいた方が治りも早いのだそう。

そうともいかず、1日ほど休んだ後は仕事をしてしまったのも良くなかったのかもしれません。

一応予約も変更や日程調整などはせずに、そのままのスケジュールを何とかこなしました。

痛み止めを飲み(まったく効かない・・・けど一応飲んでました)、腰にサポーターを巻いたり、湿布を貼ったり、なんとか仕事は出来たのですが、しっかりと治るまでに思ったよりも長引いてしまいました。。

そんな経験から、ギックリ腰になってしまったら本当は思い切ってしっかりと安静にし休む事が一番だと思いました!

長引く事で自分も辛いですし、かえってお客様にも迷惑をかけてしまいますよね。。

ネイリストは体力勝負

そんなこんなで、少しづつ、少しづつ良くなっていき、2週間ほどでほぼ通常の日常生活を送る事が出来るようになりました。

今回のギックリ腰では腰痛の大変さと、身体を労わる大切さを身に染みて感じました。

ネイリストという職業柄、お客様の前では辛い姿は見せられないし、腰痛だったり肩コリだったり、本当は辛いのに笑顔で頑張っている方もきっとたくさんいるんじゃないかなと思います。

華やかな反面、ずっと座りっぱなしで目や神経も使いますし、肩こりや腰痛などにもなりやすく実は体力勝負な仕事ですよね。

お客様や周りのスタッフなどに迷惑かけてしまうかもしれませんが、体調が辛い時には、我慢したり頑張りすぎるとかえって長引いてしまいます。。

それに仕事が出来るのも健康な身体があってのこそです。

だからこそしっかりと休む事も大切だと思いました。

ギックリ腰になって具体的にやった事

ギックリ腰になってみて、ほんとーーーーーに改めて自分の身体を労わる事の大切さを感じました。

少しくらい腰が痛くても、足の浮腫みが気になっても、施術中は自分さえ我慢してれば大丈夫だろう、とそんなくらいに思ってしまっていたツケが溜まっていたようです。

スポンサーリンク

それくらい痛くて辛い経験でした。。

そこでいろいろと工夫をするようになりました。

普段の生活から施術中でも取り入れられる事ばかりです。

私が実際に使用してみて、取り入れてよかった事や腰痛が改善した便利グッズなどをご紹介してみます。

施術椅子の高さデスクの位置を必ず調整する

お客様の施術に入る前には、施術椅子の高さやデスクの位置が負担にならないような体勢かを確認するようにしました。

デスクの位置はサロンによっては調整出来ない事も多いかもしれませんが、椅子の高さを調整するだけでもだいぶ違います。

自分の身体をお客様に合わせて傾けるのではなく、お客様も楽に座っていただいた状態で、手の位置や指先の角度を見えやすいように上手く動かすように意識を変えました。

腰を温めるアイテム

ギックリ腰になってしまったばかりの時は炎症を鎮める為にも冷やした方が良いらしいのですが、それ以外の時は腰痛の予防や冷えを防ぐためにもしっかりと温めておくと、すごく楽です。

ギックリ腰になってしまう時って、足先が冷たくなっていたり、お腹や下半身が冷えてしまっている時が多いような気がします。

なので、しっかりと腰を温めるように気をつけるようになりました。

貼るホッカイロを使っても良いと思うのですが、私が試した中でも良かったのが

こちらの【腰ホットン】。

ホッカイロで有名な桐灰から販売されている腰専用の貼るホッカイロです。

貼るホッカイロよりもじんわりとした温かさで、熱すぎる事が無いのが良いです。腰全体を覆うように貼れる点もとっても便利です。

腰だけではなく、肩こりが気になるという方には、こちらがおすすめ!

【めぐりズムの腰・肩に直接貼るタイプ】

めぐりズムと言えば、アイマスクが有名ですが、こんな風に腰や肩に直接貼る事の出来る蒸気の温熱シートもあります。

貼るホッカイロよりも割高にはなってしまいますが、こちらは直接肌に貼るタイプなので、しっかりと密着してくれます。 あと肩に貼る事も出来るので肩こりが気になる時にも便利!

やはり温めておくだけでも痛みがだいぶ楽になりました。

施術椅子にはクッションで一工夫

施術中の椅子にも問題があるのかな?と思い、椅子にも一工夫してみました。

お客様に教えてもらった【無重力ゲルクッション】

ずっと同じ体勢で座りっぱなしなので、腰に負担がかかっている事は間違いないです。

少しでも座っている時の負担を減らす事が出来れば・・と思い施術椅子にこのクッションを敷いてから座っています。

クッションくらいでそんなに変わるのかな!?と思っていたのですが、買って大正解でした。。このクッションがあるだけでだいぶ楽です。

腰への負担がかなり軽減されました。
ずっと座りっぱなしの仕事をしている方にもおすすめです。

温まり方がハンパないミネラル入浴剤

身体全体を温めて冷やさないように気をつけるようにしました。

疲れた時はシャワーだけで済ませる事も多かったのですが、湯船にちゃんと浸かると疲れも取れるようになりましたし、身体も温まります。

こんな普通な事が一番良かったりします。。

入浴剤にも少し拘って、すごく温まるという評判のミネラル入浴剤

【エプソムソルト】を使ってみました。

結構たくさん入れないといけないので、正直コスパが良いわけではないのですが、これを入れると入れないのでは全然違いました。

普通の入浴剤と比べるとかなり温まるので良いです。

身体全体が温まると腰もだいぶ楽になります。

結局は運動も大事

腰痛などは筋肉をつける事でもだいぶ防ぐ事も出来るんだそうです。

普段全く運動もしない上に、車通勤で歩きもしない、という負のループに陥っているわたし・・・。

日中はサロンの中に居て、ずっと座りっぱなしです。

これを機に少し身体を動かし筋肉をつける事を考えねば、と思っています。

簡単なストレッチやウォーキング程度からでも良いのではじめたいと思います。。

最後に

ネイリストという職業柄、肩こりや腰痛に悩まされている方も多いんじゃないかなと思います。

今回は、私のギックリ腰になった時の対処方法をご紹介してみました。

ゆっくりと休む事が一番だとは思いますが、なかなか休めなかったりする事もあると思います。

少しの工夫でもだいぶ楽になったりしますので、良ければ参考にされてみてくださいね。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が参考になりましたら幸いです♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。