ネイル検定を受けるには?ネイル検定の種類と難易度

「ネイリストになりたい」「ネイリストになるためにはどうすればいいの?」と思った時に、気になるのがネイル検定の取得についてではないでしょうか。

特に最初に気になるのが”ネイル検定を受けるにはどうすればいいのか?”、また、一体どこに申し込めばいいの?ネイル検定ってどんなものなの?と疑問をお持ちになるかもしれません。

ネイリストになるためには、実はネイル検定や資格などは必要ではありません。

ネイリストという職種には国家資格制度などが制定されていないので、特にこれといってネイリストとして活動する為に必要な資格はないのが現状です。

ですが、やはりネイリストを目指すのならこれくらいの技術を取得しているという目安にもなりますので、ネイル検定を取得しておく事が近道になると思います。

このページでは、そんなネイル検定を受けてみたいな、と思った時に、ネイル検定を受けるにはどうすれば良いのか?ネイル検定にはどんな種類があるのか、について解説しています。

ネイル検定について知っておきたい情報をまとめましたので、是非参考にされてみてください♡

スポンサーリンク

ネイル検定を受けるには?

ネイル検定を受けるには、ネイル検定を主催する主催者団体に申し込みをするところからスタートします。

申し込み自体は、ネイル検定を主催する各団体のホームページから申し込む事ができます。

ネイル検定には様々な種類がありますが、各要項に従ってネイル検定に向けての練習を励みましょう!

ネイル検定は、ネイルスクールなどに通わずに独学でも受験できますが、一発合格を狙うのなら正しい知識を身につけ、ネイル検定の合格のコツを知っておく事が一番の近道となります。

ネイル検定の合格のコツや詳しい試験内容を知っておきたいなら、ネイル検定の受験対策が行われているネイルスクールに通って知識を身に着け、練習をしていく方法がおすすめです。

ネイル検定の種類と難易度

一言で”ネイル検定”と言ってもネイル検定には様々な種類があります。

ネイル検定の種類に関してはこちらの記事で詳く解説しています。

⇒ネイル検定にはどんな種類がある?知っておきたい試験の内容も解説

スポンサーリンク

最もメジャーな試験と言えば

■JNECネイリスト技能検定試験

です。この試験は3級、2級、1級の三段階に分かれており、3級に合格すると2級の試験を受験でき、2級に合格すると1級の試験を受験する事ができます。

すべての級で実技と筆記試験の両方があります。

まずは3級の取得を目指しましょう。3級の合格率は80%程度ですので、正しい知識を身に着けて練習をしておけば合格しやすい級となっています。

難易度は1級が一番高く、1級の合格率は30~40%と難易度の高い試験となっています。

ネイルサロンでのサロンワークとして必須のジェルネイルに関する試験ですと

■JNAジェルネイル技能検定試験

があります。こちらは初級・中級・上級の三段階に分かれており、初級に合格すると中級を受験でき、中級に合格すると上級の試験を受験する事ができます。

まずは初級の取得を目指しましょう。

難易度は上級が一番高く、上級の合格率は約50%とこちらも難易度の高い試験です。

JNEC、JNAが主催するネイル検定以外には、I-NAIL-A(インターナショナルネイルアソシエーション)が主催するI-NAIL-Aネイルスペシャリスト技能検定試験、ジェルエイル技能検定試験があります。

現在のところ、受験者数の多さや知名度としては、JNECネイリスト技能検定試験、JNAジェルネイル技能検定試験の方が一般的です。

まとめ

ネイル検定を受験するにはどうすればいいのか?

また、ネイル検定の種類や難易度についても解説しました。

ネイル検定に確実に合格したいと思うなら、まずは正しい知識を身に着け、ネイル検定の合格のコツを知っておく事が近道となります。

もちろん独学でも受験する事は可能ですが、一発合格を目指したいと思う方や、なるべくスムーズに検定合格を目指したいと思う方には、ネイルスクールへ通う事をおすすめします。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。