ネイルで使用する「プライマー」とは? セルフジェルネイルで使用する時のコツ

こんにちは。for lovely life編集局です。

現役のネイリストがネイルに関するちょっとタメになる情報などを綴っております♪

セルフジェルネイルをされている方のお悩みで多いのが”ジェルネイルがすぐに剥がれてしまう”というお悩みではないでしょうか。

ジェルネイルがすぐに剥がれてしまうのには様々な要因がありますので一概には言えませんが、持ちの悪さでお悩みの方におすすめのアイテムが「プライマー」と呼ばれる溶液です。

プライマーを使用したらグンと持ちが良くなった、剥がれにくくなったというケースも多いのですが、一歩使い方を間違えるとかえって爪を痛めてしまう場合もあります。

そこで今回は、そんな「プライマー」とはどんなものなのか?

また、セルフジェルネイルの際にプライマーを使用するコツをご紹介してみたいと思います。

プライマーを使用する際に気をつけておきたいポイント、注意しておかなければならない点もご紹介しておりますので、是非チェックしてみてください♪

スポンサーリンク

ネイルで使用する「プライマー」とは?

ネイルで使用する「プライマー」と呼ばれる溶液は、ジェルネイルの定着を良くするためのものです。

下処理を終えた後、ベースとなるクリアジェルを塗る前に使用します。

プライマーには自爪の雑菌の増殖を防ぐ効果もあります。

見た目はこのように、マニキュアのような瓶に入っているタイプが一般的です。

↑こちらは私も個人的に愛用している♡【プリアンファのマジカルプライマー】

一般的な「プライマー」は強酸性のものが多く、皮膚に付着すると皮膚にダメージを与えてしまいますので使用する際には、爪周りの皮膚に付いてしまわないように注意が必要です。

皮膚の弱い方やアレルギー体質の方などは特に注意するようにしてください。

酸性ではない”ノンアシッド”タイプのプライマーなどもありますので、プライマー選びの際には製品の特徴をよく確認してから選ぶようにしてみてください。

基本的には、使用するベースジェルと同メーカーのプライマー液を使用した方が相性も良く、持ちの良さもアップしやすいです。

プライマーはどんな時に使用する?

「プライマー」はジェルネイルの定着を良くするためのものですので、プライマーを使用しなくても十分ジェルネイルの持ちが良い場合(約3週間程度しっかり付いた状態)は使用する必要はありません。

■ ジェルネイルをつけて、1週間~2週間ほどで剥がれてしまう

■ ジェルネイルの持ちが悪くて困っている

■ 爪の根本から剥がれやすい・先端から剥がれやすいなど、ある箇所からばかり剥がれてきやすい

などでお困りの方は、一度プライマーを使用されてみる事をオススメします。

プレプライマーとプライマーの違い

「プライマー」とちょっと似ているネーミングの「プレプライマー」というものがあります。プレプライマーはその名の通り、プライマーを使用する前に使用する溶液の事です。

プレプライマーは爪の油分や水分を除去する役割があります。

プレプライマーで爪の油分と水分をしっかりと除去してから、プライマーを使用します。

セルフジェルネイルで「プライマー」を使用する時のコツ

セルフジェルで「プライマー」を使用する時のコツをご紹介します。

プライマーを使用するタイミングとしては

爪周りの甘皮ケア

スポンサーリンク

爪の表面のサンディング

爪の油分・水分除去(プレプライマーもしくはネイルクレンザーを使用します)

プライマー塗布

ベースのクリアジェルを塗布

といった順序で使用します。

先ほども述べましたが、プライマーは強酸性の溶液ですので使用する際は皮膚に付かないように気をつけましょう。

プライマーは多くの量を塗る必要はありません。ごく少量を塗るだけでも定着が良くなりますので、一度キッチンペーパーなどにハケに含ませたプライマーの余分な液を取ってから使用する程度でも十分です。

薄く、少量をジェルネイルが剥がれてきやすい爪の周り部分に塗ってみてください。

爪の全体に塗ると、今度はオフがしにくくなります。

オフの際に自爪にダメージを与えてしまいますので、持ちを確認しながら、バランスを調整しつつプライマーを使用されてみてくださいね。

プライマーを選ぶ際には、ベースジェルで使用しているメーカーのものと同メーカーのものがおすすめです。

メーカーが違うものでもダメではありませんが、持ちの相性などを考慮するとやはり同メーカーのものが良いかなと思います。

プライマーは速乾性の高い溶液です。プライマーを塗った後すぐにベースジェルを塗ってしまってOKです。

「プライマー」を使用する際に注意しておきたいこと

プライマーを使用する際に注意しておきたい点をまとめました。

■ 皮膚に付着しないように気をつける

■ 一度にたくさんの量を塗布しない(一度キッチンペーパーなどに余分な液を含ませてから使用する程度で十分です)

■ 換気を良くした状態で使用する

■ 爪全体に塗ると今度はオフがしにくくなるので、ジェルネイルが浮いてくる箇所(爪の先端や根本・爪の周り全体)のみに塗ってください

■ プライマーの保管は涼しい直射日光のあたらない場所で保管してください

■ 製品の使用上の注意をしっかりと確認してから使用するようにしてください

まとめ

ネイルで使用する「プライマー」について解説してみました。

プライマーは製品にもよりますが、強酸性である事が多い溶液ですので、取り扱いの際は皮膚などに付着しないように注意が必要です!

ジェルが浮いてきやすい爪の周り部分だけに薄っすらと塗るだけでも、持ちが違ってきますよ。

セルフジェルネイルをしているけれど、持ちが悪い、すぐに剥がれてしまう、とお悩みの方は「プライマー」を取り入れてみてはいかがでしょうか^^

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました♡

この記事が参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。