ジェルネイルとスカルプってどう違うの?ネイルの長さだしをする方法とは

知っているようで知らないネイル用語。

特に初めてネイルをする場合や、ネイルサロンを利用する際などはネイルサロンのメニュー表をみても分かりづらかったりしますよね。

そんなネイルに関する専門用語について解説してみたいと思います♡

今回は「”ジェルネイル”と”スカルプ”の違い」についてです。

人工的に爪の長さを出す方法があるらしいけれど、それはどんな方法なんだろう?と疑問にお持ちの方や、ネイルサロンに行ってネイルをやってもらいたいなと思った時に、自爪の長さを出すにはジェルネイルで予約をすれば良いのか?それともスカルプで予約をすれば良いのか?違いが良く分からないという方などは是非参考にされてみてくださいね。

スポンサーリンク

ジェルネイルとスカルプの違い

ジェルネイルやスカルプという言葉は聞いた事があるけれど、実際に自分がやってみた事が無ければ意外とどんな違いがあるのか、よく分からなかったりするものです。

ジェルネイルとスカルプ、どちらも人工的に爪の上に乗せるものではあるのですが、大きな違いとしては”素材”が違います。

ジェルネイルは、その名の通りジェル状の樹脂から出来ています。ジェルネイルの主流としては、溶液で落とす事のできる”ソフトジェル”と呼ばれるもの。

柔軟性があり透明感のあるツヤツヤな仕上がりになるのが特徴です。

筆などで自爪にジェルを塗ったら専用のUVライトで硬化をし定着させます。

長さを出す事も可能ですが、どちらかと言うと自爪の長さのままで、自爪の上にコーティングするように仕上げる使い方が一般的です。

スカルプとは、”長さ出し”を意味する用語として使われています。一般的には”スカルプ”イコール”アクリルスカルプチュア”の事を指す事が多いです。

アクリルスカルプチュアとは、アクリルでつくった人工的に長さを出した人工爪の事です。

ジェルネイルと比べると強度に優れているので、長さをしっかりと出したい場合はアクリルスカルプチュアが適しています。

大まかに言うと、「ジェルネイルは自爪の長さのままで色やアートを取り入れる事ができるもの」、「スカルプは人工的に長さを出して形づくるもの」という認識です。

ネイルの長さだしをする方法

ネイルで人工的に長さを出したいという場合には様々な方法があります。ネイルサロンで長さだしをされる場合にはそのサロンの取り扱っているメニューによっても異なりますが

その中でも大まかに区別すると

・ジェルの素材で長さ出しをする方法(ジェルスカルプチュア)

・アクリルの素材で長さ出しをする方法(アクリルスカルプチュア)

の二つに分ける事ができます。

スポンサーリンク

それぞれの特徴や、どちらを選べば良いのかをご紹介します。

ジェルスカルプチュアとは

ジェルスカルプチュアとは、ジェルの素材を使って人工的に長さだしをする方法です。

ジェルには、落とす時に溶液で落とす事の出来る”ソフトジェル”と呼ばれるものと、落とす時に溶液で落とす事の出来ない”ハードジェル”の二種類があります。

ソフトジェルは、その名の通り柔らかい柔軟性に優れた素材のジェルです。ですので、ソフトジェルで長さを出す場合には約5mm程度ほどまでしか長さを出す事ができません。

ハードジェルは、強度があり約1cm程度まで長さを出す事が可能です。ですが、落とす時はすべて削り落とす必要があるので自爪へのダメージになりやすく、ハードジェルを取り扱っているサロンもあまり無いのがデメリットです。

通常ネイルサロンで、ジェルで長さだしをされる場合はソフトジェルを用いて長さだしをする場合が一般的です。

「長さだしは5mm程度まで」などと記載されているサロンはソフトジェルで長さ出しをされていると思ってよいでしょう。

1本だけ爪が欠けてしまった時に他の自爪との長さを合わせたい場合や、さほど長さを出さなくても良い場合などはジェルスカルプチュアがおすすめです。

アクリルスカルプチュアとは

アクリルスカルプチュアとは、アクリルリキッド(液体)とアクリルパウダー(粉)を化学重合させたミクスチャー(トロッとしたもの)を筆で爪の形に作っていく技法によってつくります。

アクリルパウダーは透明なもの(クリアパウダー)、乳発色のもの(ナチュラルパウダー)、ラメ入りのもの(ラメパウダー)、色が入っているもの(カラーパウダー)など様々な種類があります。

ミクスチャーはあっという間に硬化しますので、手早さと、美しい形を造形していく技術が必要となります。

いわゆる”スカルプ”と呼ばれるものは、通常このアクリルスカルプチュアの事を指します。

スカルプと言えば自爪には無い長さと、美しい形をつくれる点、また強度に優れているのも大きな特徴のひとつです。

↓こちらの画像のようなデザインはアクリルスカルプチュアでつくられています。

自爪ではできないような、美しさを演出できるのがまさにアクリルスカルプチュアの魅力!長さや爪の形も自由自在です。

透明なアクリルスカルプチュアで土台をつくり、その上にジェルで色を塗ったりアートをする事も可能です。

ただし、ジェルと比べると、下処理の際に使用する溶液や自爪を削る工程などがありますのでどうしても自爪への負担がかかりやすい点がデメリットとなります。

長さをしっかりと出したい場合、10本すべての爪の長さを出したい場合などは、アクリルスカルプチュアがおすすめです。

まとめ

ネイルの中でも耳にする事の多い”ジェルネイル”と”スカルプ”の違いについて解説してみました。

ジェルネイル、スカルプどちらもそれぞれに良さがありますので、自分のなりたい爪のイメージに合わせて選んでみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました♡

この記事が参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。