ジェルネイルを自分で外す方法とは? ジェルネイルは自分でオフできるの?

持ちが良く、ツヤツヤの仕上がりで人気の”ジェルネイル”ですが、ジェルネイルを外したい場合には、基本的にはネイルサロンに行ってオフをしてもらう必要があります。

ですが、「どうしてもネイルサロンに行く時間外ない!」、「ネイルサロンに行ってオフをしてもらうのは面倒だしお金もかかるから、自分で外せないのかな?」という時もありますよね。

そこで今回は、ジェルネイルは自分でオフをする事が出来るかどうか?、自分でジェルネイルを外す方法はどうすればいいのか?、について解説したいと思います。

ジェルネイルを自分で外したい!と思う方は参考にされてみてくださいね。

スポンサーリンク

ジェルネイルは自分でオフできるの?

ジェルネイルは自分でオフをする事もできます。

基本的にはネイルサロンでオフをしてもらう事が一番ですが、ジェルネイルをオフするための道具さえあれば、自分でオフをする事ができます。

どうしてもネイルサロンに行く時間がない、ネイルサロンに行ってジェルネイルをオフしてもらう手間やお金がもったいない、、、という方は道具を揃えて、自分でオフをするのも一つの方法です。

ジェルネイルはマニキュアを落とす時に使用する”除光液”ではオフする事はできません。

ジェルネイルを落とす時には”アセトン”又は”ジェルオフリムーバー”という溶液が必要です。

ジェルネイルの表面を削ってから、溶液を使ってオフをしますが、分厚い仕上がりのジェルネイルや、大きなパーツが入ったデザインなどは自分でのオフが難しい場合もあります。

自分でのオフが難しそうだなと感じる時には、自爪に必要以上に負担をかけない為にも、できればネイルサロンでオフをしてもらう事をおすすめします。

ジェルネイルを自分で外す具体的な方法は、次の章でご紹介します。

ジェルネイルを自分で外す方法

ジェルネイルを自分で外す方法を具体的にご紹介します!

① 必要な道具を揃えましょう

◎ ”アセトン”もしくは”ソークオフリムーバー”

◎ 目が粗いやすり(150G)

◎ 爪の表面を整えるやすり(200G~280Gくらい)

◎ 爪の大きさに切ったコットン

◎ 爪先を覆うくらいの大きさに切ったアルミホイル

◎ キューティクルオイル(爪用の保湿オイル)

これらの道具があれば、自分でジェルネイルを外す事ができます。

② まず最初にジェルネイルの表面を目が粗いやすりで表面のツヤがなくなるくらいまで削ります。

しっかりと表面にキズを入れておく事で、溶液(ソークオフリムーバー、ジェルオフリムーバー)の浸透がよくなります。

③ 溶液を爪の上に乗せる前に、爪周りを乾燥から防ぐために爪周りの部分にだけ保湿のオイルを塗っておきます。

スポンサーリンク

④ 爪の上に、爪のサイズに切ったコットンに溶液(ソークオフリムーバー、アセトン)をたっぷり含ませたものを乗せます。

⑤ アルミホイルで巻きます。なるべく密閉された状態になるようにしっかりと巻いておく事がポイントです。 そのまま20分くらい放置しておきます。

⑥ 20分くらい置いたらアルミホイルを開きます。するとジェルネイルがこのように柔らかく浮いた状態になっています。

⑦ やさしくスティックでこそぎ落とします。無理矢理剥がしたりしないように注意しましょう。

ここでジェルネイルが柔らかく浮いた状態になっていなければ、もう一度溶液を含ませたコットンを爪の上に乗せてアルミホイルを巻いて、を繰り返します。

⑧ ある程度こそぎ落としてしまったら、爪の表面を目が細かいスポンジファイルで整えます。

かるく表面を削ってなめらかに整えればOKです。

⑨ ジェルネイルを落として自爪の状態に戻ったら、最後に手をキレイに洗って、キューティクルオイルを爪と爪周りに塗ってしっかりと保湿を行えば完了です!

無理矢理剥がしたりすると自爪に負担がかかります。

落ちにくい場合は、ジェルネイルの表面を削って⇒溶液を爪の上に乗せて⇒こそぎ落として、を繰り替えしてみてくださいね。

ジェルネイルをオフするための溶液を使用すると、爪や爪周りが乾燥しやすくなります。

ジェルネイルをオフした後はいつもより念入りに保湿を心がけてみてくださいね。

ジェルネイルを外すための溶液や道具はどこで買えるの?どれを選べば良いのか分からない!という方には、こんな風にすべてがセットになっているものがおすすめです♡

まとめ

ジェルネイルを自分で外す方法をご紹介しました。

本来ならば、ネイルサロンでオフをしてもらうのが一番ですが、どうしてもサロンに行けない場合などは、自分でオフをする事も出来ます。

ジェルネイルが浮いたり、剥がれてきたりしている場合でも無理矢理剥がすのは自爪にとって良くありません。

正しい方法で、自爪にダメージを与えないように丁寧にオフをするよう心がけてみてくださいね。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました♡

この記事が参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。