ジェルネイルの付け替えオフとは? オフのみとの違いについても

知っているようで知らないネイルの専門用語。

ネイルサロンのメニュー表でも良く見かける「ジェルネイルの付け替えオフ」について解説してみたいと思います。

「ジェルネイルの付け替えオフ」とはどんな時に選択するメニューなのか、「ジェルネイルのオフのみ」との違いについてもご紹介しています。

ジェルネイルの付け替えオフは何なのかと疑問にお持ちの方は是非参考にされてみてください♪

スポンサーリンク

ジェルネイルの付け替えオフとは

ジェルネイルの付け替えオフとは、今つけているジェルネイルをオフして、もう一度ジェルネイルをつける時に選ぶメニューです。

ジェルネイルを一度オフして、もう一度新たにジェルネイルをつける場合には「ジェルネイルの付け替えオフ」のメニューを選択しましょう。

ジェルネイルをオフして一度自爪の状態に戻してから、もう一度新たにジェルをつける方法が一般的ですが、ジェルネイルの伸びてきた部分の段差を削って、境目を塗りなおす「フィルイン」と呼ばれる方法もあります。

スポンサーリンク

また、ジェルネイルをオフせずに、ベースのクリアジェルだけを残して全て削り落とし、もう一度ジェルネイルを塗る「一層残し」という方法などもあります。

ジェルネイルのオフのみとは

「ジェルネイルのオフのみ」とは、今ついているジェルネイルをオフして自爪の状態に戻すことです。

ジェルネイルを外して、自爪の状態にしたい場合にはこのメニューを選択するようにしてみて下さい。

ジェルネイルのオフについてはコチラの記事でも詳しく解説しています。

⇒ジェルネイルを自分でオフする方法|ジェルネイルのオフ便利グッズも!

⇒ジェルネイルは除光液で落とせるの?ジェルネイルをオフする方法

まとめ

ジェルネイルの「付け替えオフ」について解説してみました。

今つけているジェルネイルをオフして、もう一度ジェルネイルをつけたい場合にはこのメニューを選択してみてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました♡

この記事が参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。