ジェルネイルは除光液で落とせるの?【読めばわかる】ジェルネイルを自分でオフする方法も徹底解説

ネイリスト歴10年★現役のネイリストがネイルに関する情報や美容情報を綴っています★

今回は、ジェルネイルのオフにまつわる疑問についてです!

ツヤツヤで、爪を美しくみせてくれる”ジェルネイル”。

ジェルネイルはつけてから、約3週間~1ヵ月ほどがもちの平均だと言われています。

ジェルネイルのもちについてはこちらの記事もチェック↓

⇒ジェルネイルの変え時はいつ?ジェルネイルのもちの平均は○○!

ジェルネイルをつけたまま自爪が伸びてきたり、ジェルネイルが浮いたり剥がれてきたりした場合にはジェルネイルをオフする必要があります。

そんなオフをしなければいけない時に気になるのが、「ジェルネイルは除光液で落とす事ができるのかどうか?」という事ですよね。

マニキュアは除光液で簡単に落とすことが出来ますが、果たしてジェルネイルの場合は!?

ジェルネイルは除光液で落とす事ができるのかどうか?また、ジェルネイルをオフする方法についても解説しています!

ジェルネイルのオフはどうすればいいの?とお悩みの方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ジェルネイルは除光液で落とす事ができるの?

ジェルネイルは除光液で落とす事ができるのかどうかですが、実は「ジェルネイルは除光液では落とす事ができません!」

ジェルネイルをオフする際には、”アセトン”という溶液が必要となります。

また、製品名としては”ソークオフリムーバー”や”ジェルオフリムーバー”と呼ばれる専用のオフ液を使用して落とす事ができます。

”ソークオフリムーバー”や”ジェルオフリムーバー”と言うのは、主な原料として”アセトン”という成分が含まれていますが、アセトンに保湿成分などがプラスされ、より爪にやさしいものとしてつくられているのが、”ソークオフリムーバー”や”ジェルオフリムーバー”になります。

実は、マニキュアを落とす時に使用する除光液にも”アセトン”が含まれているものもあります。”アセトン”が入っていない除光液を”ノンアセトンリムーバー”と呼びます。

ジェルネイルはマニキュアのように除光液で簡単に落とす事ができません。

ジェルネイルをオフするには、ジェルネイルの表面をやすりで削って、先ほど紹介したジェルネイルをオフするための専用の溶液をコットンに含ませたものをジェルネイルに浸透させ、やわらかくふやかしてから落としていきます。

手順を間違えば自爪を痛めてしまう事にもなりかねないジェルネイルのオフ。

また、少々手間もかかってしまいますので、自分で落とす事も出来なくはないのですが、出来ればサロンなどでオフをしてもらう方が良いでしょう。

スポンサーリンク

ジェルネイルの上にトップコートやマニキュアを塗っている場合は?

ジェルネイルの上にトップコートやマニキュアを塗っている場合、除光液を使用する事でジェルネイルは落ちずに、トップコートやマニキュアだけを落とす事ができます。

その際には、”アセトン”が含まれていないノンアセトンタイプの除光液を使用される事をおすすめします。

”アセトン”が含まれている除光液を使用すると、ジェルネイルまで一緒に落ちるという事はありませんが、ジェルネイルの表面が曇ったりしやすくなりますので要注意です。

ジェルネイルをオフする方法

除光液でジェルネイルをオフする事ができないとなると、ジェルオフする専用の液である”ソークオフリムーバー”や”ジェルオフリムーバー”を使用し落とす事ができるわけですが、ジェルネイルをオフする方法の工程としては、、、

① ジェルネイルの表面のツヤがなくなるまで削る

② ジェルオフの液を含ませたコットンを爪の上に乗せる

③ アルミホイルで巻く

④ 20分程度放置する

⑤ 浮いたジェルをこそぎ落として

⑥ 爪の表面をスポンジファイルで整えたらオフ完了です!

といった流れになります。

ジェルネイルをオフする際には、オフの溶液はもちろん、専用のやすりなども必要となります。

先ほども書いていますが、ジェルネイルのオフはネイルサロンでしてもらうのが一番ではあります。

間違った方法や手順を間違うと自爪を痛めてしまう事もありますので・・・><

ですが、どうしても自分でオフをしたい場合、急いでジェルネイルをオフしなければならないけれどネイルサロンに行けない場合などもあるかと思います。

そんな方は、具体的な「ジェルネイルをオフする方法」をこちらの記事でご紹介していますので、参考にされてみてください↓

⇒ジェルネイルを自分でオフする方法|ジェルネイルのオフ便利グッズも!

まとめ

ジェルネイルは除光液で落とせるのかどうか?についてご紹介しました。

ジェルネイルは除光液で落とす事は出来ませんので、専用のオフ液を使用してオフをしましょう。

また、自分でオフをする場合には、専用の液で自爪を傷ませないように正しくオフをしましょう♪

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました♡

この記事が参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。