キューティクルオイルってどこに塗ればいいの? 使用するメリットとは

for lovely life編集局です。

現役のネイリストがネイルに関する情報などを綴っています^^

今回は、知っているようで知らない

「キューティクルオイルってどこに塗ればいいのか?」問題について解説してみたいと思います。

プレゼントで貰ったり、お土産で貰ったりする機会も多い”キューティクルオイル”ですが、実は使い方が良く分からずに放置したまま・・・という方も多いのではないでしょうか。

せっかく手元にキューティクルオイルがあるのなら、普段のお手入れに使わない手はありません!キューティクルオイルを使えば使うど、爪や爪周りの状態が良くなりますし、健康的な指先を目指す事が出来ますよ。

キューティクルオイルを持っているけれど使い方が分からない、キューティクルオイルっていう物をもらったけれどこれって何に使用するの!?と疑問をお持ちの方は是非参考にされてみてくださいね。

キューティクルオイルとはどんなものなのか、使用するとどんなメリットがあるのか、についても解説しています。

スポンサーリンク

キューティクルオイルってどこに塗ればいいの?

キューティクルオイルは、爪周りの溝の部分に沿って塗ります。

爪の生え際(画像の赤丸で囲んでいる部分)や、爪のサイドの溝(画像の赤い矢印が指している部分)に沿って塗ればOKです。

キューティクルオイルは爪や爪周りの保湿のために塗ります。

わざわざ爪周り専用のキューティクルオイルで保湿しなくても、ハンドクリームでもいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、爪周りは凹凸が多いので、サラッとしていて爪周りの細かい部分まで浸透してくれるオイルタイプのものの方がが適しています。

成分は、ホホバオイルなどが配合されているものが多いです。

ちなみにそもそもキューティクルオイルって何!?という疑問をお持ちの方のために簡単に説明しておくと、、、

キューティクルオイルとは、爪と爪周りのための専用の保湿オイルです。

マニキュアが入っているような形の瓶に入っているタイプなどをよく見かける事が多いかなと思います^^お土産やプレゼントでいただく事も多いので、持っているけれど使い方が良く分からなかった・・・!という方も多いのではないでしょうか。

また、瓶に入っているタイプのもの以外にも持ち歩きに便利なペンタイプのパッケージに入ったものなど種類もさまざまです。

”キューティクルオイル”や”ネイルオイル”、”ネイルトリートメント”などと呼ぶ場合もあります。

スポンサーリンク

⇒ネイルオイルとキューティクルオイルの違いとは 知っておくと差がつく選び方のコツ

⇒キューティクルオイルは○○で代用できる!? 爪の保湿にも便利なアイテムとは

キューティクルオイルを使用するメリット

キューティクルオイルを使用する事は、爪の健康にとって嬉しいメリットがたくさんあります。

ただ保湿をするだけのように思えますが、

✓ 爪周りのささくれ予防

✓ 爪に入るたて筋の予防

✓ 爪周りに張り付きやすいルースキューティクルの予防

✓ 二枚爪や爪のひび割れ、欠けの予防

✓ マニキュアやジェルネイルを塗られている方は持ちがよくなる

、、、などなど、健康的な爪と爪周りのためには欠かせないアイテムです。

爪の厚みが薄いとお悩みの方なども、使用されるうちに厚みのある健康的な爪になってきたという事例もあります。

わたしも実際にキューティクルオイルを日々使用していますが、使用している時と使用していない時では、爪周りや爪の状態も違うなぁと実感しています。

普段はマニキュアを塗ったりだとか、ジェルネイルを塗ったりだとかをされない方でも、キューティクルオイルだけでも塗ってお手入れをしておくと良いですよ。

⇒ジェルネイルのもちを良くする方法とは?キューティクルオイルを塗るタイミングはいつ?

塗るタイミングとしては、お風呂上りや夜寝る前などに塗っておくと、寝ている間にしっかりと浸透してくれるのでおすすめです。

まとめ

知っているようで知らない

「キューティクルオイルってどこに塗ればいいの?」

という疑問について解説してみました。

基本的には爪周りの溝の部分に沿って塗ればOKです。

キューティクルオイルを使用するか、しないかで爪や爪周りの状態も変わってきますので、キューティクルオイルを手元にお持ちであれば是非活用されてみてくださいね!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。