ジェルネイルのもちを良くする方法とは?キューティクルオイルを塗るタイミングはいつ?

ネイリスト歴10年★現役のネイリストがネイルに関する情報や美容情報を綴っています★

今や爪先のおしゃれとして欠かせない”ジェルネイル”。

そんなジェルネイルはマニキュアと違いもちの良さも人気の秘訣のひとつではないでしょうか。

ですが、ジェルネイルの”もち”には個人差もあります。ジェルネイルのもちのは約3週間くらいが平均だと言われています。もちの良い方だと1ヵ月くらいはキレイについたままの状態を保てる方もいらっしゃいます。

もちろん、いくらもちが良いからと言って、ジェルネイルをつけっぱなしにしておくのは自爪にとっても良くありませんが、せっかくのジェルネイルを出来ればキレイな状態で保ちたいものですよね。

そこで、今回は「ジェルネイルのもちを良くする方法」をご紹介したいと思います。

また、ジェルネイルのもちを良くするために欠かせない「キューティクルオイルを塗るタイミングはいつが良いのか?」についてもご紹介しています。

ジェルネイルのもちを良くしたい!キューティクルオイルはいつ塗ればいいの?と思う方は是非参考にされてみてください♪

スポンサーリンク

ジェルネイルのもちを良くする方法とは

ジェルネイルのもちを良くする方法には様々な方法があります。

 こまめな保湿を心がける・・・爪周りや爪が乾燥していると、割れやすかったり欠けやすかったりします。ジェルネイルの土台となる自爪の状態をまずは良くしておく事が、ジェルネイルのもちを良くする最善の方法です。キューティクルオイルなどでこまめな保湿を心がけましょう。

 水仕事の際にはゴム手袋の着用を!・・・爪が水分を含んだ状態になると、ジェルネイルが浮きやすくなってしまいます。出来れば洗い物などの水仕事をする際にはゴム手袋を着用し、長時間爪先を水に浸した状態にしないようにしましょう。

 爪先を道具代わりに使用しない・・・シールをはがす時などについやってしまいがちな爪でカリカリとしてしまう、、、は爪の先端からジェルネイルが剥がれてしまいやすくなります。細かい作業をする時に、つい爪先を使ってしまうのも要注意!ピンセットを使用するなどし、爪先を道具代わりにしないようにしましょう。

 爪の健康は健康的な生活から・・・健康的な爪にしたいなら、まずは健康的な生活から。バランスの良い食事(特に爪に良い食べ物はタンパク質を多く含む食べ物です)や、しっかりと睡眠をとる、規則正しい生活をするなど気をつけましょう。健康状態は爪に現れやすく、女性に多い貧血などが原因で爪が割れたり、欠けたりしやすくなる場合もあります。

 適度な長さにしておく・・・ジェルネイルをつける際の、自爪の長さも”もち”を左右する場合があります。見た目が良いように爪の長さを長めにしておきたい!という方もいらっしゃるかもしれませんが、あまりにも自爪の長さを長くしておくと、爪そのものが欠けたり割れたりしやすくなり、結果ジェルネイルのもちが悪くなってしまう事にも、、、日常生活に差支えの無い適度な長さにしておく事をおすすめします。

ジェルネイルのもちを良くするには、指先をなるべく丁寧に扱う事が大切です。

それでもジェルネイルのもちが悪い場合には

いろいろと気をつけていても、どうしてもジェルネイルのもちが悪いという場合には・・・

 ベースジェルのメーカーを変えてみる・・・ジェルネイルのもちはベースジェルとの相性による場合もあります。ネイルサロンで相談されてみて自分に合うベースジェルのメーカーを探してみてください。

 ネイルサロンを変えてみる・・・ジェルネイルのもちを左右するものには、ネイリストさんのジェルネイルを塗る前の下処理のやり方なども関係します。ネイルサロンによってジェルネイルを塗る前の下処理の仕方や、技術、力量などが異なりますので、自分に合ったネイリストさんや、ネイルサロンを見つけてみてください。

 爪のためのサプリメントもあります・・・ジェルネイルのもちが悪い方に多いのが、元々の爪が薄く、割れやすかったり欠けやすかったりするというパターン。ジェルネイルのもちを良くするにはまずは土台となる自爪の状態を良くする事もポイントのひとつです。爪のためのサプリメントなどもありますので、そちらをお試しされてみるのも良いのではないでしょうか。

サプリメントで有名なDHCさんからもネイルのためのサプリメントが発売されています。

 ジェルネイルを諦める・・・これは究極の選択になりますが、、、どうしてもジェルネイルのもちが悪く、すぐに剥がれる⇒ジェルネイルをまたつける⇒剥がれる、、、を繰り返すのは大変ですし、自爪にとっても悪循環を及ぼします。最近では速乾性に優れたマニキュアなどもありますので、マニキュアでのネイルを楽しむ!というのも一つの手です。

など、これらの方法もあります。

自分なりのベストなジェルネイルライフを見つけてみてくださいね!

キューティクルオイルを塗るタイミングはいつがベスト?

ジェルネイルのもちを良くする方法の基本は、やはり「保湿」に尽きると思います。

なぜ保湿をすると良いのか?と言うと、爪周りの保湿をすると健康的な爪が生えてきやすくなるからです。

爪周りが乾燥すると、爪の周りに古い角質が溜まった状態になります。古い角質が溜まった状態だと、新しく生えてくる爪が割れたり、欠けたりしやすくなってしまいます。

保湿をすると、水分を保った爪になりますし、新しく生えてくる爪も健康的な爪になり、結果ジェルネイルのもちも良くなる!というワケなんですね。

爪や爪周りの「保湿」をするには、「キューティクルオイル」が一番です!

ハワイのお土産などで貰う事も多いキューティクルオイル♪

キューティクルオイルとは、ホホバオイルやスクワランなどなどメーカーによって成分も異なりますが、基本的には保湿用のオイルで出来ています。

爪や爪周りの細かい部分にまでスッと浸透しやすいので、爪の保湿をするならハンドクリームよりもキューティクルオイルでの保湿が断然おすすめです。

そして、キューティクルオイルを塗るタイミングとしては、夜寝る前がベスト!

もちろん日中でも、手を洗った後すぐや、乾燥が気になった時などこまめに塗るに越した事はありませんが、どうしてもオイルなのでベタベタが気になってしまったり、すぐにまた手を洗ってしまったりと保湿が難しかったりします。

寝る前に塗っておけば、しばらく手を洗うタイミングもありませんし、ベタベタも気にならずしっかりと、じっくりと保湿出来るのでおすすめです♡

まとめ

ジェルネイルのもちを良くする方法を、様々な角度からご紹介しました。

ジェルネイルのもちには個人差もありますし、様々な要因からもちの良さも変わってきます。いろいろな方法がありますので、思い当たる部分があれば改善されてみると良いのではないでしょうか。

せっかくのジェルネイル、なるべくもちを良くして楽しみたいですよね!

最後まで読んでいただきありがとうございました♡

この記事が参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。