ジェルネイルをつけっぱなしにしておくのは危険? ジェルネイルをオフするタイミング

ツヤツヤでぷっくり感がかわいい”ジェルネイル”。

持ちも良いので、ジェルネイルを繰り返し楽しんでいるという方も多いのではないでしょうか。

ジェルネイルは、個人差もありますがおおよそ3週間~4週間ほど持ちます。

マニキュアと違って持ちが良いのが特徴のジェルネイル。一度つけたらしばらくはそのままの状態で楽しむ事ができるのがメリットです。

そんな持ちが良いジェルネイルなのですが、爪が伸びた状態なのに、オフするタイミングが分からずにずーっとつけっぱなしにしているという方は要注意です!

いくら浮いてきたり、剥がれてきたりしないからと言って、ジェルネイルをつけっぱなしにしておくのは爪にとっても良くありません。

その理由とは?、ジェルネイルをつけっぱなしにしておくのは何故ダメなのかについても解説していますので、是非参考にされてみてください。

スポンサーリンク

ジェルネイルをつけっぱなしにしておくのは危険?

ジェルネイルは持ちが良いので、ジェルネイルをつけてから3週間~1ヵ月ほどは自爪の上に定着した状態のまま、爪が伸びてきます。

↓こちらは、ジェルネイルをつけてから約1ヵ月ほど経過した状態です。

浮いてきたり、剥がれてきた場合にはすぐにオフをした方が良いジェルネイルですが、いくら浮いてきたり、剥がれてきたりもしてきていないという場合にも、つけっぱなしにしておくのは危険なんです!

キレイについているように見えても、爪の中ほどが浮いてきている可能性も十分にあります。

ジェルネイルが浮いた状態だと、自爪とジェルネイルの間に空気や水分が入ってしまいます。

そのジェルネイルが浮いてしまった隙間に”緑膿菌”という菌が入り込み、自爪に感染してしまう事があるんです。これがいわゆる”グリーンネイル”と呼ばれるもの。

グリーンネイルは”爪のカビ”と言われる事もあります。

自爪が緑膿菌に感染すると、深緑~黒っぽい緑色に変色してしまうのが特徴です。

これは、ジェルネイルをオフしてみなければ気づかない場合がほとんど。

スポンサーリンク

特に濃い色のワンカラーなどは、自爪の状態が分かりづらいので、いくらジェルネイルがしっかりとついているからと言って、そのままつけっぱなしにしておくのは良くありません。

ジェルネイルの付け替えの目安は3週間~1ヵ月程度を目安に。

1ヵ月半や2ヶ月以上つけっぱなしにしたままにしないようにしましょう!

こちらの記事も参考にしてみてください。

⇒ジェルネイルの変え時はいつ?ジェルネイルのもちの平均は○○!

ジェルネイルをオフするタイミング

ジェルネイルをオフするタイミングとしては、先ほども述べましたように”3週間~1ヵ月程度”が目安です

また、そこまで経っていない場合でも、ジェルネイルが浮いたり剥がれてきた場合にはそのままにせずに、早めにオフしましょう!

特に、髪の毛を洗う際に、ジェルネイルと自爪の間に髪の毛が入り込んだり引っかかったりする場合は要注意!

オフをした後は、自爪の状態に戻しても大丈夫ですし、もう一度ジェルネイルをのせても良いですので、一度オフのタイミングをはさむと自爪の状態も確認出来ますので、安心です。

ジェルネイルのオフをする場合は、再度ネイルサロンでオフをしてもらいましょう。

どうしても、ネイルサロンに行けない場合や、自分でオフをしたい場合にはこちらの記事を参考にしてみてください。

⇒ジェルネイルを自分でオフする方法|ジェルネイルのオフ便利グッズも!

とにかく、浮いたり剥がれたりしてきた場合は早めのオフをする事がポイントです。

まとめ

ジェルネイルをつけっぱなしにしておくと、どんな危険性があるのか?について解説してみました。

浮いたり剥がれてきたりした場合には、早めのオフをしましょう!

また、ジェルネイルをオフするタイミングもご紹介しましたので、ジェルネイルを楽しまれている方は是非参考にされてみてくださいね。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました♡

この記事が参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。