スカルプとジェルネイルはどっちがいい? メリットとデメリットまとめ

ネイルサロンに行ってネイルをやってもらおうと思ってネイルのメニューを見てみると、「スカルプ?」「ジェルネイル?」いろいろとメニューがあって良く分からなくなってしまいますよね。

そこで今回は、

「スカルプとジェルネイルはどっちがいいのか?」

予約する場合はどちらを選べばよいのか?それぞれのメリットとデメリットについても紹介したいと思います。

ネイルサロンを予約しようと思っているけれど、スカルプかジェルネイルかどっちがいいのかな?どんな違いがあるのかな?と疑問にお持ちの方は参考にされてみてください♪

スポンサーリンク

スカルプとジェルネイルはどっちがいいのか?

スカルプとジェルネイルの違いですが、大きな違いとしては”素材”が違います。また、どちらも長さを出す事が出来ますが、”出せる長さ”にも違いがあります。

それぞれの特徴をご紹介しますので、「どちらが自分に合っているか?」「どんなイメージにしたいのか?」で選んでみてくださいね。

スカルプとは

スカルプとは、”アクリル”の素材でつくります。「アクリルスカルプチュア」と呼ばれる事もありますが、ほとんどが通称「スカルプ」と呼ばれるものです。

専用の溶液「アクリルリキッド」と粉「アクリルパウダー」を筆にとり、自爪の上に長さと形をつくっていきます。

強度に優れているので、人工的にしっかりと長さを出す事が可能です。また、自爪ではつくれないような美しい形をつくれますので、自爪の形にコンプレックスがある方などにも最適です。長さは自由自在に出す事が可能ですので、ちょっとだけ長さを出したり(数ミリくらいでも)、しっかりと長さを出したり(1cmくらい、それ以上も可能です)調整が出来ます。

長さをしっかりと出しつつ、強度もあった方が良い、自爪の形をカバーしたいという方は「スカルプ」をんでみてください。

「スカルプ」で土台をつくってその上に、ジェルで色やアートを入れる事が可能です。

ジェルネイルとは

ジェルネイルは、自爪の上にジェル状の液を塗って、専用のUVライトで固めて定着させます。

ツヤツヤでぷっくりとしたツヤ感はジェルネイルならでは。

様々なアートが可能で、色と色を混ぜ合わせて色をつくる事もできます。

基本的には自爪の長さのままで仕上げますが、ジェルで長さを出す事も可能です。ジェルで長さを出したものを「ジェルスカルプ」と呼びます。

スポンサーリンク

「ジェルスカルプ」は「アクリルスカルプ」と違い、長さをさほど出す事ができません。(約5mm程度まで)自然でナチュラルな仕上がりになりますので、少しだけ長さを出したいという場合はジェルスカルプで長さを出す事も可能です。

強度はさほどありませんが、自然なつけ心地です。

スカルプとジェルネイルのメリットとデメリット

スカルプとジェルネイル、それぞれのメリットとデメリットについて特徴をまとめました。

スカルプのメリットとデメリット

スカルプのメリットは、自爪では出来ないような長さを出したり、形をつくれる事です。また、強度に優れているのも大きなポイントです。

デメリットとしては、自爪にダメージを与えやすい点です。下処理の際に使用する溶液や、自爪を削ってその上に定着させる工程がありますので、その点がデメリットと言えます。

また、スカルプの施術には技術を要しますので、ネイルサロンによってはスカルプメニューが無い場合も。ジェルネイルよりも長さを出したりする分、施術時間が長めになるのと、長さ出し料金がかかるのでコストはかかります。

ジェルネイルのメリットとデメリット

ジェルネイルのメリットは、ツヤツヤの仕上がりと透明感に優れているという点です。また「スカルプ」よりも自爪に優しく、付け心地も軽く自然な仕上がりになります。

サロンで施術をしてもらうにも、「スカルプ」よりもコストもかからずジェルネイルの方が通いやすい価格となっています。

デメリットとしては、柔軟性はありますが強度はあまりありません。また出せる長さにも限界がありますので、長さをしっかりと出したい場合にはやはり「スカルプ」を選んだ方がよいでしょう。

ジェルネイルとスカルプの違いについては、こちらの記事でもご紹介しています。

⇒ジェルネイルとスカルプってどう違うの?ネイルの長さだしをする方法とは

まとめ

スカルプもジェルネイルもそれぞれに良さがあります。

「スカルプかジェルネイル、どっちがいいか?」をなりたいイメージに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

分かりやすく言えば、長さをしっかりと出すなら「スカルプ」、自爪の長さで色を塗ったりアートを入れるなら「ジェルネイル」です。

どうしても決められない場合は、ネイルサロンに事前に電話での相談などをしておく事もおすすめです。

是非参考にされてみてください♪

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました♡

この記事が参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。