ジェルネイルが先端から欠けた時の対処方法とは? すぐに出来る応急処置

現役のネイリストがネイルに関する情報を綴っています♪

今回は、ジェルネイルが先端から欠けた時の対処方法について解説してみたいと思います。

セルフジェルネイルではなく、ネイルサロンで施術をしてもらった場合の、先端が欠けてしまった場合の対処方法に絞って解説してみたいと思いますので、該当する場合は要チェックです!

(セルフジェルネイルをされている場合は、ジェルネイルのキットがお手元にあると思いますので、お手元にジェルネイルの道具などを持っていない場合の対処方法になります)

ネイルサロンでジェルネイルをやってもらってしばらく経過すると、ジェルネイルが浮いてきたり欠けてきたりする事があります。

日常生活の中で指先は良く使用するパーツですので、何気ない動作や、水仕事などで知らず知らずのうちに酷使してしまいがちですが、その影響もありジェルネイルと地爪の間に隙間が出来てしまったり、ジェルネイルが欠けてしまったり、剥がれてしまったりするという事はよくあるものです。

個人差もありますが、特に先端が欠けてしまいやすい、という方も多いのではないでしょうか。

ジェルネイルが先端から欠けた場合は、すぐにサロンでお直しをしてもらう事が一番良いのですが、どうしてもネイルサロンに行けない場合やネイルサロンの予約が取れなかったという場合もありますよね。

そんな時の”ジェルネイルの先端部分が欠けてしまった時の応急処置”の方法をご紹介します。

ジェルネイルの先端部分が欠けてしまった時はどうする?

ジェルネイルの先端部分だけが欠けてしまった時には、その欠けた部分の地爪が折れてしまわないように、欠けた部分がそれ以上広がらないようにする事が大切です。

応急処置の方法をいくつかご紹介しますので、出来る方法で対処してみてください。

やすりで削る

まずおすすめしたいのが、欠けてしまった部分をやすりで削ってしまうという方法です。

先端部分のジェルネイルが剥がれて、地爪だけになっている部分があればその地爪部分をやすりで削り、先端を整えればOKです。

絆創膏を貼っておく

やすりで削れるほどの範囲ではなく、結構な広範囲にわたってジェルネイルの先端が欠けてしまった場合は、応急処置として絆創膏を貼っておくという方法も!

ネイルサロンに行くまでに地爪が割れてしまわないように、とりあえずは絆創膏を巻いておけば爪の保護になりますので安心です。

スポンサーリンク

マニキュアのトップコートを塗っておく

ジェルネイルが欠けてしまった部分にマニキュアのトップコートを塗っておくという方法もあります。

ジェルネイルが欠けてしまった爪の先端部分は地爪だけの状態になっていると思いますので、トップコートを塗っておくと安心です。

少し厚めに塗っておくと補強になりますのでおすすめです。


これらの方法はあくまでも応急処置の方法になります。

爪の先端の欠けが広がる前に、出来れば早めにネイルサロンでお直ししてもらいましょう!

ジェルネイルの先端部分が欠ける理由

ジェルネイルの先端部分が欠けやすい方は、爪先を良く使っている場合が多いかなと思います。

例えば物をつかむ時、スマホの操作をする時、パソコンのキーボードを打つ時、などなど爪先がなるべく当たらないように、指の腹を使うように心がけるだけでも全然違います。

また、水仕事が多い方も先端部分が欠けやすいです。炊事や洗い物などをする際にはゴム手袋を着用するなどし、なるべく爪先に負担がないようにしましょう。

元々の爪が折れたり、欠けたりしやすい、二枚爪になりやすい方もジェルネイルの先端部分が欠けやすいです。ネイルサロンで爪の長さや形を整えてもらう際には爪の長さを長くしすぎないようにするなどの工夫を。

爪そのものをしっかりとした爪にするためには、キューティクルオイルで保湿をするなどのお手入れも効果的です。

⇒キューティクルオイルってどこに塗ればいいの? 使用するメリットとは

最後に

ジェルネイルが先端から欠けてしまった時の応急処置方法をご紹介しました。

少しだけ欠けてしまった場合はやすりで削る方法が一番かなと思いますが、欠けた部分が大きい場合は、ジェルネイルを無理にはがしたりせずに絆創膏でカバーしておく方法がおすすめです。

あくまでも応急処置ですので、地爪が割れてしまいそうで心配な場合、引っかかりが気になる場合などは早めにネイルサロンでお直しをしてもらいましょう!

よければ参考にされてみてください♪

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。