自爪を丈夫にする方法とは? 爪が割れないように注意するポイント

爪がすぐに割れたり欠けたりしてしまうとお悩みではありませんか?

確かに、元々の自爪の状態には個人差がありますので、何もせずとも爪が丈夫だという方もいらっしゃいます。

ですが!生まれつきだから仕方ない・・・そんな風に思っている方でも、ちょっと気をつければ少しづつでも自爪を丈夫にする事は可能なんです。

このページでは、自爪を丈夫にする方法、日常生活で気をつけておきたい爪が割れないように注意するポイントをご紹介しています。

爪が割れたり、欠けたりしやすい!とお悩みの方はよければ参考にされてみてください。

スポンサーリンク

自爪を丈夫にする方法とは

自爪を丈夫にする方法を具体的にご紹介していきます。

✓ たんぱく質を積極的に摂取する

爪は皮膚が角質化したものです。食事の栄養素が偏ると爪にもその状態が現れます。特に女性に多い貧血気味の方などは、どうしても爪が割れたり欠けたりしやすくなってしまいます。

爪の健康のために良いと言われている栄養素が「たんぱく質」。

肉類・魚類・大豆などに、たんぱく質が多く含まれていますので積極的に摂取するようにしましょう。

✓ 爪の保湿をこころがける

健康的な爪が生えやすくなる状態にしておくためには、爪の保湿は欠かせません。

爪のためのキューティクルオイルを使用したり、ハンドクリームを利用したりして爪の保湿をこころがけましょう。

また爪周りの部分を軽く揉んでマッサージすると健康的な爪が生えてきやすくなりますよ。

✓ 規則正しい生活と睡眠

爪は体の調子が現れるパーツでもあります。

体の調子が悪いと、爪が割れたり欠けたりしやすくなる場合も。まずは規則正しい生活を心がけるようにしましょう。睡眠不足にならないように、しっかりと睡眠をとるように心がけましょう。

✓ サプリメントを摂取する

バランスの栄養素が摂取出来ていない、食事では難しいと感じる方におすすめなのが「サプリメント」を摂取するという方法です。

食事の栄養バランスが気になる方や、内側からしっかりと爪のケアをしていきたいとお考えの方はサプリメントの摂取もおすすめですよ。

スポンサーリンク

爪に良いとされている”ケラチン”や”コラーゲン”などが配合されているサプリメントなどを選ぶのがポイント!

爪のためのサプリメントも市販で販売されています♪

爪が割れないように注意するポイント

爪が割れないようにするには、日常生活でのちょっとした気遣いもポイントになります。

✓ 爪先を道具代わりに使用しない

爪先でシールを剥がしたり、フタを開ける時に爪で引っ掛けて開けたり、爪を道具代わりに使用すると割れやすくなります。なるべく爪先ではなく、指の腹を使って作業をするようにしましょう。

✓ 爪切りでバチバチと爪を切らない

爪切りで思いっきり爪をバチバチとカットすると、さらに爪が割れたり欠けたりしやすくなる場合もあります。爪の長さを整える場合は、ある程度の長さを爪切りでカットするのはOKですが、細かい微調整や爪の先端をなめらかに整えるためにも”ヤスリ”を使用するようにしましょう。

✓ 毎日のこまめな保湿

爪が乾燥していると、割れたり欠けたりする原因になります。爪周りや爪全体の保湿はこまめにするようにしましょう。”キューティクルオイル”の使用がおすすめです。

爪を補強する方法も

どうしても爪が割れたり欠けたりしやすいという方は、爪の補強をしておくという方法もあります。

自宅で簡単にできる方法としては、透明の”ベースコート”を塗っておくだけでも補強になりますよ。

⇒ ネイルのベースコートってどんなもの?役割と塗り方のコツ

また、よりしっかりと補強しておきたい、爪に厚みが欲しいという方は透明のジェルネイルを塗っておく方法もあります。

⇒ ジェルネイルのクリアのみとは?爪の補強でツヤなしにしたい場合はこの方法!

まとめ

自爪を丈夫にする方法をご紹介しました。また、日常生活で気をつけておきたい爪が割れないように注意しておきたいポイントも!

爪が割れたり欠けたりすると、引っかかったり痛かったりと日常生活にも差支えがありますよね。

まずは今日からでも出来る、”保湿”からでもはじめてみませんか!?

ちょっとした気遣いで、爪が割れたり欠けたりするのを防げるので、心がけてみてくださいね。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました♡

この記事が参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。