【知っておきたい】ネイルポリッシュとは何? マニキュアとの違いとは 

現役のネイリストがネイルに関する情報や美容に関する情報などをつづっています♪

今回は、お客様からもよく聞かれる事の多い”ポリッシュって何ですか?”という疑問について解説してみたいと思います。

ネイルサロンのメニュー表などではよく見かける”ポリッシュ”という用語ですが、ちょっと聞き慣れないものなので、何の事かな?と思いますよね。

ただでさえ専門用語も多く分かりづらいネイル用語ですが、知っておけばネイルサロンの予約の際などでも迷う事や疑問に思う事も無くなります。

”マニキュア”との違いについてもご紹介していますので、疑問に思われていた方はよければ参考にされてみてください。

スポンサーリンク

ネイルポリッシュとは

ネイルポリッシュとはずばり”マニキュア”の事を指します。

小さな瓶に入っている爪に色を塗るためのネイル用品ですね。

”ポリッシュ”という言葉は、「塗料」を意味する言葉ですので

爪専用の塗料=ネイルポリッシュ

という言い方から、そう呼ばれています。

ネイルサロンのメニューなどで”ポリッシュ”と書かれていれば、マニキュアで爪に色を塗って仕上げてもらうメニューの事です。

”カラーリング”と呼ぶ場合もあります。

ポリッシュとマニキュアの違い

ポリッシュとマニキュアは一般的には同じものを指します。

ネイルポリッシュの事をマニキュアと呼ぶ事も多いのですが、厳密に言えば”マニキュア”は爪の甘皮ケアや長さや形を整えるファイリングの事など、爪のお手入れ全般の事を言います。

マニキュアの語源は、ラテン語の

”手”を意味する”マヌス(manus)”

”お手入れ”を意味する”キュア(care)”

スポンサーリンク

から来ています。

マヌス・キュア ⇒ マニキュア(手のお手入れ)

という風に、手のお手入れをする事を”マニキュア”と呼ばれるようになりました。

足の爪にマニキュアを塗る場合は”ペディキュア”と呼びます。

ですが、日本では、一般的にはネイルポリッシュの事をマニキュアと呼びますし、販売されている製品などもマニキュアと呼ぶ事が多いかなと思います^^

もちろんネイルサロンでも、「マニキュアをお願いします」と言えばネイルポリッシュを塗る事だという事できちんと伝わりますので、どちらで呼んでも大丈夫です。

また、マニキュアのカラーを塗る事から、「カラーリング」と呼ぶ事もあります。

ちょっと紛らわしいですが、、、^^:

サロンによってメニュー名は様々ですが、マニキュアを塗ってもらうには

「カラーリング」

「ポリッシュ」

「マニキュア」

などと書いてあるメニューを選べば大丈夫です。

マニキュアとジェルネイルの違い

また、ネイルサロンではマニキュアよりもメジャーなメニューである”ジェルネイル”と”マニキュア”の違いですが、ジェルネイルの方はジェル状の樹脂を爪の上で硬化させてものになります。

マニキュア(ネイルポリッシュ)とは、素材が異なるものですし、持ちなども違います。マニキュア(ネイルポリッシュ)とジェルネイルの違いについてはこちらの記事で解説していますので、参考にされてみてください。

⇒ネイルサロンのケアカラーとはどんな事をするの?ジェルネイルとの違いとは?

終わりに

知っているようで知らないネイル用語の”ネイルポリッシュ”について解説してみました。

ネイルポリッシュとは俗にいうマニキュアの事です。

よければ参考にされてみてください♪

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。