セルフジェルネイルのおすすめベースジェルはどれ? もちが悪いならベースジェルを見直そう

for lovely lifeです。

現役のネイリストがネイルに関する情報や美容情報をつづっています★

今回は、自分でジェルネイルを楽しんでいる!というセルフジェルネイラーさんに向けた情報です^^

セルフジェルネイルをするうえで、どうしても気になるのがジェルネイルの”もち”ですよね!?

プロのネイリストさんにやってもらうともちが良いのに、セルフジェルネイルだと、何故かもちが悪くなってしまう、、、という方も多いのではないでしょうか。

ジェルネイルのもちを左右する要因は様々です。

元々の爪の状態もありますし、下処理の方法や、工程の中での細かなポイントなどを挙げればキリがないのですが、、、

そんな中でも重要なのが自分の爪と”ベースジェル(一番最初に塗る下地のクリアジェル)との相性”です。

ベースジェルを変えたらもちが良くなった!という方も多いです。

という事で、今回はセルフジェルネイルの際におすすめのベースジェルメーカーをご紹介してみようと思います^^

セルフジェルネイルをしているけれどもちが悪くて悩んでいる、どのベースジェルを使用すれば良いのか分からない、という方は是非参考にされてみてください!

スポンサーリンク

もちが悪いならベースジェを見直そう

セルフジェルネイルをしているけれど、どうしてもすぐに浮いてきたり、剥がれてきてしまうという方は、一度ベースジェルを見直してみてください。

ジェルネイルを塗る前にしっかりと前処理をしているのにもちが悪い、という方はベースジェルとの相性が悪いという事も考えられます。

※ベースジェルとは・・・一番最初に塗る下地となる透明のジェルの事です。

ベースジェルと一言で言っても、メーカーによって特徴や質の良い悪いも様々です。

例えば化粧品などと同じで、いくら高価だとしても、評判が良かったとしても自分のお肌との相性が悪ければ何だかイマイチ、、という感じになると思います。

それと同じように自分の爪との相性もありますので、是非自分に合うベースジェルを見つけてみてください。

特にセルフジェルネイルのキットなどに最初からついているベースジェルなどは、どうしてももちが悪かったりもしますので、今使用しているベースジェルだとどうしてももちが悪いなぁと感じている方は、この機会にベースジェルを見直してみてはいかがでしょうか!?

ジェルネイルの持ちを左右するには、ベースジェル以外にも気をつけておきたいポイントがあります。

セルフジェルのコツはこちらの記事でもご紹介しています。

⇒セルフジェルネイルのもちを良くするには? セルフジェルネイルのコツ

セルフジェルネイルのおすすめベースジェルはどれ?

ジェルネイルのベースジェルは、様々なメーカーのものがあり、値段なども様々です。

ベースジェルはどれを選べば良いのか分からない!というセルフジェルネイラーさんにも購入しやすく、割とどんな爪の方にも持ちが良い、おすすめのベースジェルをご紹介したいと思います。

プリジェル エクセレントベース

国産メーカーとしてプロのネイリストさん達からも人気の高い”プリジェル”。化粧品登録済みの商品として名実ともに実力派のジェルです。

価格もさほど高くはありませんので、セルフジェルネイル派の方にもおすすめです。

プリジェルのベースジェルを塗るコツとしては、ベースジェルを2回塗るという方法です。

プリジェルのベースジェルは薄く塗れば塗るほど自爪への定着が良くなると言われていますので、1回目は極力薄ーく、筆を自爪にしなるくらいにあてて塗ってみてください。2回目は爪の凹凸をカバーする事を意識し、1回目よりも多い量でふんわりと丁寧に塗るとキレイに仕上がります。

ネイルサロンでもベースジェルとして使用されている所もあり、持ちに関してはお値段の割にはなかなか良いと思います。

メーカーさんの売り文句である”最大2ヶ月リフトなし”というのはさすがに言いすぎのような気がしますが・・・。

メルティジェル クリアジェル

サラッとしていてとっても塗りやすいメルティジェル。

正直もちに関してはもの凄く良いという印象ではありませんが、とっても使い勝手の良いジェルです。

スポンサーリンク

購入しやすい価格なので、1個持っておくと便利です。

セルフジェルネイルに使う、という点ではコスパも重要になってくると思いますので、その観点からもちょうど良いバランスのジェルです。

例えばベースジェルとして使用してみて合わなかった場合などは、ラメを混ぜる用のクリアジェルとして、ラインストーンやパーツを乗せる際の接着剤代わり用のクリアジェルとしても使えます。

こちらのメルティジェルクリアジェルは、ベースジェル(爪に一番最初に塗る下地用の透明のジェル)にも使えますし、トップジェル(爪に最後に塗るコーティング用の透明のジェル)としても使用できます。

ベースジェルやトップジェルなど、沢山の種類のジェルを揃えたくない!という方にもおすすめです。

バイオスカルプチャージェル クリアジェル

もちの良いベースジェルとして長年の人気を誇るバイオスカルプチャージェル。

カルジェルと共にジェルネイルブームの先駆けとして愛され続けているジェルブランドです。

日本でのジェルネイルブームを巻き起こしたのは、このバイオスカルプチャージェルのおかげだと言っても過言ではないと思います。

もちの良さは数あるジェルメーカーの中でもトップクラスですが、ちょっとお値段が張るのが難点。

高くても質の良い、もちが良いジェルを使用したいという方にはおすすめのメーカーです。

プロのネイリストさんでも長年愛用している、という方も多いのがこのバイオスカルプチャージェルです。

しかしなかなか高価ではあります。汗

このバイオジェルは南アフリカでつくられているので、輸入のコストなどもあってこのお値段なのかな、と思います。

ここ近年では日本製のジェルもどんどん質が向上し持ちも良くなってきており、さらにコスパも良かったりするので、バイオを使っているサロンもだいぶ減ってきているような気はします。。。

パラジェル クリアジェルEX

ここ近年ネイルサロンでの使用率が高いパラジェルというメーカーのクリアジェルEX。

”パラジェルは爪を削らない”というコンセプトですので、下処理の際に爪の表面をやすりで削る必要もないので、爪を痛めず下処理の工程も省けて一石二鳥です。

どんな爪の方にも割と持ちが良く、しっかりと定着してくれます。

サロンでも使用されているベースジェルですので、お値段はやや張ります。

本来ならばプロのネイリストでも講習を受講し、製品の特長を知ってからの使用が推奨されているメーカーのものですので、セルフジェルに使用するのはどうかな。。。と思ったりもしますが、ご紹介してみました。

下処理の方法を間違えたり、爪の状態によってはかえって持ちが悪かったりもします。

パラジェルのベースジェルは、ここでご紹介した”クリアジェルEX”以外にも様々な種類があります。

本来は、プロのネイリスト向けにつくられた製品ですので、製品の特長を知り、爪の状態に合わせてベースジェルをチョイスするのですが、一番メジャーな”クリアジェルEX”をご紹介してみました。

まとめ

セルフジェルネイルをすると、すぐに浮いたり剥がれたりしやすい、、、とお困りのセルフジェルネイラーさんにおすすめのベースジェルをご紹介しました。

もちの良さはあくまでも個人差がありますが、ベースジェルとの相性は本当に大切です。

ご紹介したベースジェルは決してお安く購入できるものばかりではありませんが、実際にネイルサロンでプロが使用しているベースジェルメーカーのものばかりです。

セルフジェルネイルのキットなどに入っていたベースジェルなどは、どうしても持ちが悪い場合が多いようです。

セルフでジェルネイルをすると持ちが悪くて困っている、という方は一度ベースジェルを違うものに変えてるのも一つの方法です。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました♪

この記事が参考になれば幸いです♡

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。